2015年03月30日

バックテストデータ 0.01ロット レバレッジ25倍 の場合

fx-on版の 「コツコツじっくりくろやぎさんNZD」 (といってもゲムトレード版と基本的には変わりません、業者が選べるかどうかの違いです)

で問い合わせがあったのでバックテストデータと考察を載せます。

問い合わせの内容は大まかに↓の条件での資金管理とパラメータです。

・国内業者(レバレッジ25倍)
・0.01ロット運用
・NZDJPYとAUDJPYの2通貨ペアでの運用
・リーマンショック乗り切る


バックテストはヒストリカルデータが安定している2007年7月〜2014年12月までで行っております。
ロットを0.01で固定し、ナンピンの間隔を50〜300で行いました(デフォルトは60)、ちなみに最大ドローダウンを見るために
バックテストを行っているので、資金設定は(10000000円)にしてありますのでご了承ください。
使用ブローカーはオアンダジャパンです。

<NZDJPY>

コツコツじっくりくろやぎさんNZDJPY通常版NZD比較.png

【考察】
 ナンピンの間隔とドローダウンが比例しないことがわかります。AUDJPYにくらべ急に下がっても、すぐに元に戻す動きが働きやすいと考えられます。ナンピン間隔が100pipsであれば30万円くらいの資金でも耐えることができるようです。逆に150〜200だとドローダウンが大きくなっています。
 NZDJPYの場合はナンピン間隔を50〜100にして50万円ほど資金を用意しておくのがベターのようです。


<AUDJPY>

コツコツじっくりくろやぎさんNZDJPY通常版AUD比較.png

【考察】
 NZDJPYに比べ値動きも大きく、一度下がってしまうとなかなか戻ってこないところがあるようです。こちらの場合はナンピン間隔とドローダウンが綺麗に比例しています。
 AUDJPYので運用する場合はナンピン間隔を200以上、資金も50万円〜を最低限用意しておいた方が良さそうです。


なお、ゲムトレードから提供させていただいているローリスク版のほうはデフォルトの設定でほぼリーマンショック級の急落に耐えられるように設計しております。

↓ゲムトレード版 ダブルでランクイン!
 

↓fx-on版 この記事のバックテストに使用したものです左(AUDJPYなど他通貨ペアでも使えますよ!)

コツコツじっくり「くろやぎさん」NZDコツコツじっくり「くろやぎさん」NZD | fx-on.com   コツコツじっくり くろやぎさん 進化版 AUDJPY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログランキングにも参加しています応援お願いいたします↓


↓自作EA一覧ですぜひご覧ください↓利用の仕方はココを参照ください。
↓ゲムトレード版
          
↓fx-on版
↓おすすめ海外業者(私も使っております)↓
 howtouse_user_07.png
↓MT4不要!PC常時稼働不要!監視不要!ロジック使い放題!↓
↓無料自動売買ソフト(EA)使い放題↓
最近の記事